ブログ,婚活お役立ち情報,男女の心理

LINEで既読無視されてしまったら

気になる相手にLINEで既読無視をされてしまったら、あなたならどうしますか。
今回は無視をされてしまったときの対処法を解説していきます。

婚活している男女を見ていると ほとんどの人がスマホを使用しているようです。
実際、私との連絡のやり取りもLINEで行っている会員さんも増えてきました。
お見合いの日程についての連絡や、婚活に関する簡単な相談などはLINEを使っています。
少しでも混み入った内容になるようでしたら、すぐに電話相談や、実際にお会いする面談に切り替えています。
お互いの関係がどうであろうと人と人とのコミュニケーション確立のために、連絡方法を使い分けることが大事です。

LINEの交換をするまでの経緯は

お見合い後、交際に入ると まずはお相手の電話番号を相談所を通してお伝えします。
お見合いのその日にお伝えできる時もあれば、翌日になる時もあります。

まずは男性からファーストコールを入れて頂きます。
その時に 女性はもし不在にして電話に出られなかった場合は、ご自分から折り返して電話をかけなおしてくださいね。

そしてお二人でお話。お見合いのお礼を伝えるのはもちろん、
また会えることの嬉しさを伝えたり、そして次に会うデートの約束などをすると良いでしょう。
その時に最近ではLINEの交換をすることがあるようです。

その辺りは LINEを教えて良いかどうかは自己責任で考えて頂いています。
心配な時は 私に相談してください。

既読無視とは?

LINE交換をして、交際になりしばらくすると、
「毎日やり取りしています」などと報告があります。
LINEは送りやすく 受ける方も返信しやすりツールなのでしょう。

しかしながら 「既読」というものもあり、心配や不安の種にもなっているようです。

LINEを送り、相手が開いて読むと「既読」が付きます。
既読が付いているのに、返事が無いことを「既読無視」「既読スルー」などと呼びます。

それよりも心配なのは「未読無視」ではないでしょうか?
こちらの場合は、お相手の体調や身の安全まで心配になってきてしまいます。
もちろん、LINE通知がロック画面に表示されて、それを読んでいるかもしれませんので、
未読無視の何割かは既読無視でもあるわけです。

慌てて催促しない

まずみなさんに心得ておいてほしいのが、既読無視をされたら、すぐに催促を送っては絶対に良くないということです。
相手は、仕事が立て込んでしまい、LINEを返したくても返せないのかもしれません。

なので、もし既読無視されたとしても最低でも1〜2日くらい空けて連絡を送ることがベストです。

LINE

相手が既読無視をしないようなLINEを送ろう

まず、既読無視をされないための対策として、返信に困るようなメッセージを送らないことです。
(後ほど説明します)

また、和やかな気持ちになってもらうために、嫌みのないスタンプを送ることがあげられます。
これは多くの人が実施していることだと思います。
相手が好きなキャラクターのスタンプや面白いスタンプなどでしたら、返信率も上がるでしょう。
ペットや面白い写真などでも代用が可能です。

次にまったく違う話題にするということです。
これは、ガラッと話題を変えてしまうことで、マンネリ化した雰囲気を一新したいときに有効です。

なぜ既読無視をしてしまうのか?を考えよう

忙しくて返信できない。

これは、相手の都合なのでどうにもなりませんが、
でも、忙しい中でも返信したくなるようなメッセージを心掛けることは出来ます。
それは、癒し系メッセージです。
婚活男女に少しだけ足りないのが、癒しを相手に与える配慮です。
恋愛ならあるのか?と問われても、それは人それぞれの度量の違いでしょう。
ですが、お見合いの婚活男女は時間と戦っているせいで知らず知らずのうちに焦りが出てきます。
もちろん、目に見えて焦っている人は早々いませんが、やはり文字の中には「気持ちに余裕があるかないか」は表れてくるものです。
相手が、忙しくて窮地にある時こそ、思いやりの気持ちを持ちましょう。
その気持ちがあれば、送る時間帯、送る文の量、送る内容、送る回数・・など気遣いが出来るでしょう。

メッセージを読んだので、納得してしまっている。

これは反対に相手の方がのん気ですね。
性格的にのんびりしているのか、「わかった、読んだよ、その内返事するよ」と思っているのか?
どちらにしても、マイペースなのんびり屋さんですね。
そういう相手には、そういうペースなのだとこちらが理解すると気が楽になります。
こういうタイプには返事が欲しい時には、嫌味の無い催促をしても大丈夫でしょう。

もらったメッセージに意味が無いので、何を返信して良いかわからない。

これは、こちらの対応次第で相手の返信率が高くなるケースです。

でも、送った側はメッセージに意味がない・・つまりつまらない内容だという事に気づいていません。
自分でもメッセージを読み返して、客観的に考えて「これでは読んだ人も返事に困るな」と感じることが必要です。

自分が好きなスポーツチームが勝った時に「〇〇が勝った!△△は強いね」と送られても

そうだね と返して良いのかどうか、悩んでいるうちにメンドクサクなります。

ランチの写真を撮って 「〇〇でランチ中!」と送られても

美味しそうだね とだけ返して良いのかどうか、自分も何か写真を付けた方が良いのか?
食べ物話題を何か発信した方が良いのか?悩んでいるうちにメンドクサクなります。

つまり相手がメンドクサイ思いをして返信を考えなければならないような、内容の無い元メッセージを送るのを止めましょう。

LINEがおっくうになってきた。

元からLINEが好きではない場合、大事な事を決める連絡以外は返信が無いものと思っておきましょう。

でも、元から嫌いではないけど、嫌いになりつつある人についてお話します。
スマホはいつも手元に置いて、着信が鳴るたびにメッセージを確認するタイプの人が、
毎回チェックするからこそ、億劫になることがあります。
それは、連続送信されることです。
短文で連続送信されると、チェックが頻繁になり疲弊します。
もちろん、長文での連続送信も問題でしょう。
チェックが疲れること以外に、「そういう行為をする幼さに幻滅」しているかもしれません。

高校生同士が友達と楽しんで言葉のゲームをしているのではないのです。
大人の恋愛の場でのメッセージ送信ですから、内容は明るく楽しくて砕けていても良いですから、
送り方については、落ち着いたマナーを心掛けましょう。

既読無視をされてしまった時の対策は?

そもそも連絡が無いのですから、無視されている理由はこちらが想像するしかありません。

忙しくて返信が出来ない・・のかもと感じたら?

2~3日待ってから、全く違う話題を、それも少しだけ明るめの話題を投げかけてみましょう。
返事を求めるような質問形式ではなく、相手が思わず何かつぶやいてしまう事柄だと良いですね。

「〇〇ちゃん、婚約したんだって!さっきLINEがあったの。良かったよね~」→「そうなんだ、知らなかった」

「先週、慰安旅行言ってきたときのお土産、今度渡すね」→「え?わざわざ?ありがとう」

「先月の資格試験、合格していた!ホッとしたよ~」→「それはそれは!おめでとう」

既読無視をされても落ち着いて

また 「既読」の考え方を変えるのも一つの不安をなくす方法でもあります。

既読とは、「あ、読んでくれたんだな」と安心するもの。
読んでくれたことが確認できたのだから、良しとしましょう。

そして、もう一つ大切なことがあります。

返信に困るようなLINEを送るのを控えることです。
気楽に送ることができるから、ついついテキトーな文を送ってしまいがちです。
LINEと言えども 出会ったばかりの結婚のお相手かもしれない大事な人に送る文です。
読み直して推敲して、自分がこの文を受け取ったらどう思うかな?
などと考えてから送ってみましょう。

既読無視が減ると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です