婚活お役立ち情報

お見合い写真の注意すべきポイントとは?

「お見合いの写真はどのようなものが適切なの?」「お見合いの写真はどのようなものが適切なの?」
そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

お見合いの写真を撮る際に気をつけるべきポイントについてご紹介します。

明るすぎないところで撮る外で撮る場合、日差しがきつすぎると目を閉じてしまいがちなので、少し曇っている日に取るのが無難です。

もちろん、プロのカメラマンに撮ってもらうのが一番ですが、ご両親やご友人に撮ってもらう際には、気をつけましょう。

その人の素が出る写真をを過度に修正してしまう方もいらっしゃいますが、実際に会った時に、写真と現実が違うというクレームが近年多く発生しています。

その人らしさを活かしつつ、実際とかけ離れた写真にならないように、色補正をしたり、うっかりついてしまった影の修正などはしつつ、本人だと判別できる写真であることを前提に写真作りをしましょう。

少しシミを隠す程度であれば問題はありませんが、目の大きさや体をあからさまに細くすると行った修正は控えましょう。例えば、元から大きなシミがある場合は、お化粧で出来るだけカバーするようにテクニックを身に着けることも大事です。

身体の線を細く写真上で加工するのではなく、ポーズやカメラ位置を工夫することで細く見えるようになります。

服装の選び方にも細く見えるテクニックが満載です。

これらは、写真だけでなく、実際にお会いした時、普段の時からも使える「細見えテクニック」なので、覚えておくとよろしいでしょう。

プリマヴェーラ青山では、そのような「お見合」から「恋愛」、そして「結婚」へと繋がる出会いを皆さまに提供しております。

お見合いや結婚に関してお悩みがございましたら、まずはお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です