婚活お役立ち情報

お見合いで失敗しない、レストランでのマナーとは?

お見合いの場所は、ホテルのラウンジや高級料亭、またはレストランなどと、初対面の方と食事をとることもよくあります。

第一印象だけでなく、正しいマナーで食事をして相手に好印象を与えたいところですよね。
今回は、レストランでの食事のマナーについてご紹介します。

レストランのマナー

・ナイフとフォークは外側から
 ナイフとフォークは、料理が進むにしたがって外側から順番に使います。

ナイフとフォークで食べる際は、食べ物をフォークで刺す、またはフォークの腹に食べ物をのせて口に運びます。

フォークの背にのせては食べません。
ナイフとフォークのセッティングは世界共通なので、ぜひ覚えておきたいですね。

レストランでのデート

・テーブルナプキンは二つ折りで
テーブルナプキンは二つ折りにして、折り目の輪の部分がお腹にくるように膝におきます。

口周りを拭くときは、折ったナプキンの内側で口を拭きます。

また、席を立つときには、必ず座席の上にナプキンを置きます。

そして食事が終わると、テーブルの上にナプキンを置きます。

この時、きれいにたたまず、適当にたたむのがポイントです。

きれいにたたんでしまうと、「おいしくなかった」という意味になってしまいます。

 

レストランで食事をする際に覚えておきたい、食事マナーをご紹介しました。

ぜひお見合いでレストランに行った際に、女性に好印象を与えられるよう、覚えておいてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です