婚活お役立ち情報

成婚料に関する疑問を一から解決!成婚の条件とは?

みなさんこんにちは。
これまでの記事をお読みになった方は、「成婚料」というものがなぜ必要か、そのメリットなどもお分かりいただけたと思います。
しかし、成婚料が大きく異なる場合「成婚」という言葉の捉え方が会社によって異なる場合も考えられます。
ということで今回は、結婚相談所選びに注意していただきたい成婚の定義の違いをご紹介したいと思います。これを読めば、成婚料に関してトラブルに遭うことも確実に無くなるはずですよ!

■規定に沿った運用を
成婚というと、文字の印象から「結婚のこと?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが事実は異なります。
例えば、全国結婚相談所連盟の規定を見てみると、「ルール上、結婚や婚約、またはそれらと同等の成果(結婚の口約束やプロポーズ、宿泊、同棲など)を成婚とみなす。」
と書いてあります。相談所によっては、交際の最大期間が定められていてそれを超えて交際を続けると「成婚」とみなす場合もあるようです。

■入会の際にはきちんと確認を
大切なのは、このような細かい部分まで契約の際に確認すること。後から、「それは知らなかった。」とならないように最初に理解をしておくことが大事です。契約に同意してしまえば、それを了承しているということになります。

いかがでしたか。
成婚の定義は少し複雑で、会社によって運営の仕方が異なる場合もありますが、しっかりとスタッフに確認を取れば何も心配することはありません。是非、不安のない状態で良い出会いに巡り会えるようにしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です