婚活お役立ち情報

会話を盛り上げるコツは相槌にある!繰り返し相槌

みなさんこんにちは。
みなさんの中で「聞き上手になりたい、でもどうやってやれば良いか分からない。」という方はいらっしゃいませんか?
聞き上手になれば、初対面の人からもたくさんの話を引き出せて、話が弾むといったメリットがたくさんあるものの、実際にそうなるのは難しいものですよね。

でも、聞き上手になるための近道が、実は存在します。それは「相槌を工夫すること。」
今回は、聞き上手な人の相槌のコツをご紹介して、あなたを「聞き上手な人」にしてみたいと思います!

相鎚を繰り返す

■繰り返し相槌で興味を見せる
みなさんの相槌は、気づかないうちに「はい。」や「なるほど。」などと短く無愛想になってはいませんか?
そのような相槌をすることで、心ではそのように思ってなくても、少なくとも相手の方は、「あ、この話あんまり面白くないのかな。」と少し気が引けてしまいます。

相手に興味があるよ、という姿勢を見せるために行う相槌のポイントとしては、「1回でなく、言葉を繰り返すこと」です。
例えば、「はい。」ではなく、「はいはい。」といって身を相手に傾けることや、「なるほど。」だけでなく、「なるほどなるほど〜。」と深く頷いてみることで、より自分の感情が伝わり、相手への興味が伝わります。

もし、自分の相槌の問題がある、と感じている方はぜひこの方法を試してみてください!

いかがでしたか。
言葉にしてみると簡単ですが、実際にこのような少しの工夫で、「聞き上手な人」になることはできます。ぜひこのような方法を駆使して、初対面の人でも話に花を咲かせてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です