婚活お役立ち情報

結構相談所は恥ずかしい!?そんな時のためのマインドセット

皆さんは結婚相談所と聞くと、どんなイメージを持たれるでしょうか?
なんだか結婚に必死なようで少し気恥ずかしい、出会いのきっかけを聞かれた時に答えづらい。

そんな考えを持たれる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、結婚相談所は、結婚を考えている方にとって非常にオススメな手段です。

そんな恥ずかしさを超えて、結婚相談所に一歩踏み出すためのマインドセットについて、今回の記事からお伝えいたします。

○自分から言わなければバレない
「周囲に結婚相談所に通っていることが知られると、親に心配されたり、友人に焦っていると思われたりするのが恥ずかしい。」また、「結婚相談所で出会った人と結婚するとなった時、出会いやきっかけを聞かれた時に、バレたくない。」
こういった思いで悩んでいる方は、そもそも「言わなければ良い」、ということを念頭に置きましょう。

簡単に友人の紹介だと伝えれば大丈夫でしょうし、もしそれでも抵抗があるならば、「人の紹介/婚活で」と伝える手段もあります。

いかがでしたか?

今回は、結婚相談所に通うことをためらっている方にオススメなマインドセットについてご紹介しました。

 

 


 

様々な理由から、周囲に結婚相談所に通っていることがバレたくない、少し恥ずかしいと感じている方もいらっしゃるかと思います。

そこで前回から、そんな恥ずかしさを乗り越えるために大切なマインドセットについてご紹介しています。

○結婚相談所に通うことに年齢制限はない
「周囲より結婚が遅いけれど必死そうだと思われたくない」また、「一般的には若すぎて、結婚に対して貪欲だと思われたくない」。

そんな想いを持っており、結婚相談所に通うことをためらわれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近は婚活ブームで、20代の前半から結婚相談所に通う方もいらっしゃいますし、逆にキャリアを積んでから結婚を考え出した、という方もいらっしゃいます。

つまり、結婚相談所に通うことに年齢制限はありませんし、それぞれのライフプランや価値観で行動する方が増えてきているのです。

結婚という目的のため、メリットのある手段と捉えて通っている、ということを改めて認識しておきましょう。

いかがでしたか?

以上が、2つ目の恥ずかしさを乗り越えるためのマインドセットでした。

 


 

結婚相談所に通いたいけれど、周囲の目が気になって決断できずに迷っている、そんな方もいらっしゃるかと思います。

前々回から、恥ずかしさを乗り越えるためのマインドセットについてお話ししていますが、今回で遂に最終回となります。

今回は3つ目のポイントについてご紹介します。

○必死だっていい!自分の感情に素直になろう
難しいかもしれませんが、結婚相談所に通うことが恥ずかしい、という感情を捨てましょう。
そもそも、なぜ結婚したいと思うのでしょうか?

子供を産んで、明るい家庭を築きたい、そんな願いを持っている方もいらっしゃると思います。

また、子供はいらないけれど誰かと共に人生を過ごしたい、と考えている方もいるかもしれません。
これらの夢を叶えたいという願いは、全く恥ずかしいものではありません。

また、結婚相談所には、様々な方が集まっています。決してネガティブな理由で来られる方だけではなく、将来の自分の人生のために、前向きに来られている方もたくさんいらっしゃいます。

自分のマイナスイメージを捨てて、感情に素直に、夢に素直に、結婚という目標を達成するための有効な手段として考えてみてください。

いかがでしたか?

ポイントをお伝えしてきましたが、今までの分も合わせてご覧頂き、是非、明るい一歩を踏み出してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です