婚活お役立ち情報

男性にありがちな結婚を逃してしまう5つの言動

「俺っていつになったら結婚できるんだ」
と悩み苦しんでいる男性の方は少なくないと思います。

実は結婚できない男性には5つの共通した言動が見られるようです。
そこで今回から数回に分けてその5つの言動を一つ一つ詳しく見ていきましょう。

お見合いで失敗しないマナー

~言い訳をする~

「自分はスペックが高くないから」
「仕事が忙しいから」
「自分のことを理解してくれる人なんていないから」
なんて言い訳を心の中でして、結婚を遠ざけようとはしていませんか。

結婚したいのに、言い訳ばかりを繰り返していても前に進むことはできませんよね。
言い訳はさておき、とりあえず行動してみることから始めてはいかがでしょう。
あなた自身がマイナスに考えていることは、他の人にとってみれば大したことないものかもしれません。

それにあなた自身が言い訳ばかり繰り返すことで、ネガティブシンキングに陥り、魅力がなくなっていきます。
女性から見て、ネガティブオーラが漂っている人をステキだと思う人はいません。

いかがでしたでしょうか。
ちなみにですが、あなたの言い訳は他の人から見ると「こいつまた言い訳してるな」とばれている場合が多いです。
言い訳せずに正々堂々と自分を出して恋愛してみましょう。

 

いつかは結婚したいなぁと思いながらも結婚にこぎつけない男性は多くいらっしゃると思います。
もしかするとその人たちは婚期を逃してしまうNG行動をしているのかもしれませんね。
前回に引き続き、どんな言動が結婚を遠ざけてしまうのか、お話いたします。

~傷つくのを恐れる~
「この人と付き合いたいけどフラれたらどうしよう」
といっていつまでも行動を起こさない人はいませんか。
ハッキリ言って、このようにいつまでも行動を起こさない男性は結婚に早くこぎつけることはできないでしょう。

反対に結婚に早くこぎつける男性というのは、チャレンジ精神を持ち、傷ついてもへこたれない人です。
恋愛で自分から積極的に行動したけどフラれて失敗したという経験を持つ男性は世の中に何千といます。
そして、いつまでもその失恋にウジウジすることなく、また次の恋愛をがんばろうとするタフな人が早く結婚にたどり着けるのです。

確実に付き合える、絶対に成功するなんてことは誰にも分らないことです。
そんな答えのない未知の領域に飛び込む勇気を持てるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
恋愛はあなたが何かアクションを起こさない限りストーリーが進んでいくことはありません。
自分から積極的にアクションを起こして、結婚にこぎつけられるようにしましょう。

 

2015年に行われた国勢調査によると、30代の男性でいまだに結婚してない人が約40%いるということがわかりました。
早く結婚をして幸せな家庭を築くためにも、婚活ではどういうことをしてはいけないのか見ておいた方が良いでしょう。

お見合い時の服装

~第一印象を気にしない~

女性に比べて男性は第一印象を意識しない人が多くいると思われます。
第一印象で大事なのは見た目の清潔さと表情です。

髪に寝癖がついたままで無精髭が生えている男性と、髪型をきっちりセットして髭もきちんと剃っている男性が2人並んでいるとすれば、女性から第一印象で好意を持たれるのは圧倒的に後者でしょう。
さらに、ずっと無表情で話してても楽しくなさそうな男性と、にこやかで笑顔な男性のどちらがいいかと問われても答えは後者です。

特に女性は性質として、雰囲気やムードを感じ取りやすいものなのでこういった見た目や表情は意識しておきましょう。
「俺は中身を見てくれる女性が良いんだ」と言っていても、中身を見てもらうまでに外見で恋愛対象から外れてしまっては元も子もないですよね。

いかがでしたでしょうか。
今まで第一印象をそんなに意識したことが無かったという人は出かける前に服装と笑顔のチェックをしてから出かけるとよいでしょう。

 

あなたの行動は結婚を遠ざけてはいませんか。
今回も前回に引き続き、どんな言動が結婚を遠ざけてしまうのか見ていきましょう。

~自慢話が多い~

女性との会話で、過去の業績や自分の仕事ぶりに関してばかり話をしていませんか。
ハッキリ言ってそういった自慢話は女性からすれば聞いていても面白味が無く、ウンザリしてしまうものです。

自分を良く見せようとして自慢話をしてしまう気持ちはわかりますが、女性を楽しませようと思うのであれば自慢話は避けておいたほうがいいでしょう。
「初対面の女性としゃべるとき、何を話していいのかわからない」という男性も多いですが、そんなに難しく考える必要はありません。
最初は「相手がどういう人か知ろう」という気持ちの元、出身や趣味、休みの日は何をしているのかという素朴な会話で十分です。
そして「この話なら面白くできそう」という糸口だったり共通点を見つけ出せたら、どんどん楽しい会話を続けていくことができるでしょう。

いかがでしたでしょうか。
「俺、女性と話すとき自慢話ばっかりしてたかも」と思い、これから改善しようという気持ちになってくれていれば幸いです。
女性の多くは自分が話すことで満足をするものなので、相手に質問を投げかけて自分がやさしく聞いてあげるという立場を取ってもいいかもしれませんね。

 

結婚を逃しがちな男性に見られる共通の言動を連載形式でご紹介しています。
どんな言動をすれば結婚が遠ざかってしまうのでしょうか。

結婚相談所の費用
~女性に対する配慮が少ない~

「女性とのデートは常に割り勘」
「女性よりも自分を優先」
といった行動が見られる男性は女性から好意を持たれることは少ないでしょう。
「デート代を全部奢れ」とか「常に女性のことを優先しろ」と言っているのではありません。

「今日は一緒にお出かけしてくれてありがとう、ご飯代は俺が出すね」
「何かあるといけないから、駅まで送っていくね」
という風に相手への感謝や気遣いを見せながら男性らしく女性をもてなしてあげると、おのずと好意を持たれるようになるでしょう。

女性は相手の男性から特別な扱いをしてもらっていたり、大切にされているのがわかると大変満足するものです。
ですから女性に対してはやさしく気遣ってあげることが大切です。

5回にわたりご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
男性は女性に対するエスコートの気持ちを忘れないようにしましょう。
少しの気遣いでも相手の女性が喜んでくれたら、自分自身もうれしいものですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です