ブログ,婚活お役立ち情報,男女の心理

LINEで既読無視されてしまったら

気になる相手にLINEで既読無視をされてしまったら、あなたならどうしますか。
今回は無視をされてしまったときの対処法を解説していきます。

婚活している男女を見ていると ほとんどの人がスマホを使用しているようです。
実際、私とのやり取りもLINEで行っている会員さんも増えてきました。

お見合い後、交際に入ると まずはお相手の電話番号を相談所を通してお伝えします。
お見合いのその日にお伝えできる時もあれば、翌日になる時もあります。

まずは男性からファーストコールを入れて頂きます。
その時に 女性はもし不在にして電話に出られなかった場合は、ご自分から折り返して電話をかけなおしてくださいね。

そしてお二人でお話。お見合いのお礼を伝えるのはもちろん、
また会えることの嬉しさを伝えたり、そして次に会うデートの約束などをすると良いでしょう。
その時に最近ではLINEの交換をすることがあるようです。

その辺りは LINEを教えて良いかどうかは自己責任で考えて頂いています。
心配な時は 私に相談してください。

「毎日やり取りしています」などと報告があります。
LINEは送りやすく 受ける方も返信しやすりツールなのでしょう。

しかしながら 「既読」というものもあり、心配や不安の種にもなっているようです。

まずみなさんに心得ておいてほしいのが、既読無視をされたら、すぐに催促を送っては絶対に良くないということです。
相手は、仕事が立て込んでしまい、LINEを返したくても返せない場合だってあるのです。

なので、もし既読無視されたとしても最低でも1〜2日くらい空けて連絡を送ることがベストです。

LINE

まず、既読無視をされないための対策として、嫌みのないスタンプを送ることがあげられます。
これは多くの人が実施していることだと思います。
相手が好きなキャラクターのスタンプや面白いスタンプなどでしたら、返信率も上がるでしょう。
ペットや面白い写真などでも代用が可能です。

次にまったく違う話題にするということです。
これは、ガラッと話題を変えてしまうことで、マンネリ化した雰囲気を一新したいときに有効です。

最後にエラーのふりで再送するという作戦です。
これは最終手段として取っておくべきです。
最近のスマートフォンは機能がいいので、何度も使える作戦ではありません。

このような手段で相手からの既読無視に対応するとよいでしょう。

また 「既読」の考え方を変えるのも一つの不安をなくす方法でもあります。

既読とは、「あ、読んでくれたんだな」と安心するもの。
読んでくれたことが確認できたのだから、良しとしましょう。

そして、もう一つ大切なことがあります。

返信に困るようなLINEを送るのを控えることです。
気楽に送ることができるから、ついついテキトーな文を送ってしまいがちです。
LINEと言えども 出会ったばかりの結婚のお相手かもしれない大事な人に送る文です。
読み直して推敲して、自分がこの文を受け取ったらどう思うかな?
などと考えてから送ってみましょう。

既読無視が減ると思いますよ。