婚活お役立ち情報

和食でのお見合いで失敗しないために!正しい和食のマナーとは?

お見合いの場所として、ホテルのロビーやレストラン、個室料理屋など様々な場所があります。

お見合いの場所として、高級料亭を選ぶこともあるかもしれませんね。

その時、正しいマナーで食事できる自信はありますか?

高級料亭などの素敵な場所でお見合いをするなら、きちんとしたマナーで振る舞い、女性からの印象をあげたいですよね。
今回は、お見合いの場所が高級料亭でも困らない、正しいマナーを2つご紹介します。

 

和食レストランでデート

・手を受け皿にしない
 意外に間違いが多いのが、手を受け皿変わりにすることです。

一見上品に見えますが、マナー違反です。お刺身の醤油皿や天つゆのお皿は持っても大丈夫です。

あまり知られていないですが、和食において、メインのお皿やお刺身皿以外ですと、手に持って食べてもよいお皿が多いです。

和食レストランでデート

・必ず箸置きを使う
食事中にお箸を茶碗の上におくのはマナー違反です。

和食や懐石料理では、高級な器が使われていることが多く、その上にお箸を置くと食器を傷つけてしまう可能性があります。

必ず箸置きを使うようにしましょう。

箸置きが無い場合だと、箸袋を折って箸置きを作ってもよいでしょう。

 

高級料亭でのお見合いでも失敗しないための、和食のマナーをご紹介しました。

ぜひみなさんももう一度マナーをおさらいして、お見合いを成功させてください。

素敵な方と出会えることを願っています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。