婚活お役立ち情報

雑談の話題

仕事以外で会話をするのが苦手という人は案外多いものです。
話すことや目的が決まっているビジネスの場よりも、プライベートな会話には
臨機応変な会話術が必要になってくるので、頭を悩ませてしまうのです。

まず、芸能ネタばかり話すのは、できるだけ避けるようにしましょう。
バラエティや流行の芸能人の話などは話のきっかけにはなりますが
終始その話題では大人として浅く見られがちです。



そして、ゴシップや下世話な話が好きだと思われてしまいます。
まして下ネタに走るようなことがあってはなりません。

本などの希少性のあるものから抜粋して雑談に盛り込むと
知的な印象を抱かせることができるでしょう。

若者の間では新聞離れが進み、ニュースはネットで見られるとのことです。
でも、新聞から多方面の話題を得ることも出来ます。
ネットの新聞からでも構いませんが、各方面からの記事を
読むようにしていきましょう。

また、インターネットにはデマが溢れていますから、
きちんとした書籍から知識や見聞を広げておくことが重要です。

専門的な分野の話でも、優しく噛み砕いて
読みやすい読み物にしている本がありますから、そこから
話のネタを集めるとよいでしょう。

そうすることで、会話の中にも専門用語ばかりが並んだ
「受け売り」っぽさが無くなります。

知ったかぶりは嫌なものです。さも知っている!
というように話すのではなく「~~~らしいですね」
などどワンクッション入れた会話が良いでしょう。



そして、話す相手からネタをもらうのも有効な手段です。
好きなものや得意なジャンル、職業が違えば、持っている話の
ストックも全く違ったものになります。

そういった話題はあなたにも相手の人にも新鮮で、
興味を持って聞いてくれることでしょう。

このようなポイントを押さえて、雑談の話題に困らないよう、
ある程度の知識と情報集めを日ごろから心がけていきましょう。

初めはお見合いでの会話で困らないように と雑談のネタ集めをしていても
いつしか他の場面でも使える、あなたの重要な武器となり、
あなたらしさを更にアップさせてくれるものになるでしょう。

その時は、人と話すのが苦手とか、雑談が苦手 とか、異性と話すのが苦手
などのコンプレックスも無くなり、あなたが魅力的に見えるようになります。