婚活お役立ち情報

人見知りの人が心がけると良いこと

人見知りの人は、初めて会う相手と話をするのはとても緊張をするものです。

何を話したらいいのかわからなくなったり、緊張をし過ぎて固まってしまうような事もあるでしょう。

そのような状態で相手と会話をしようと思っても難しくなりますので、対策を練らなくてはなりません。

緊張をすることがないように、初対面の相手でも初対面ではないと思いこむようにしてみましょう。

初対面ではなく、以前から知っている人だと思い込むことによって、会話をしていきやすくなります。
久しぶりに会って近況を聞いているくらいの気持ちで話すことが出来れば、緊張をしにくくなるはずです。

ハートマーク

途中で会話が途切れて沈黙になってしまっても、会話が途切れることを恐れない事です。
会話が途切れたとしても、そこからまた話題を見つけて会話をしていくことも出来ますので、沈黙になった後でも自信をもって積極的に話しかけていくといいでしょう。

そして人目を気にしない事も緊張をほぐすポイントになります。

自分の行動は誰も見ていないと思うようにして、誰にも見られていないから恥ずかしくないと思うようにしましょう。

お見合いの席では隣の人が聞き耳を立てているとは限りません。
実際、聞いていたとしても他人にとってはそこまで興味津々の話ではないはずです。

ですから、周りを気にしないことも大切です。

またお相手も同じように初対面です。お互い様 という気持ちを持つことも良いかもしれませんね。

もし会話が途切れても慌てないでください。
沈黙が流れた時に助けてくれるのは 笑顔です。

ある女性会員さんがお見合いと初めてのデートを終えた時に言っていました。
「彼はほとんど話さなくて、私ばかりしゃべっています。
私もそんなに話がうまくないので、たまに沈黙になったりします。
でも、そんな時彼は私の顔を見てニコっと笑うのが可愛いなと思います。」

沈黙も楽しめるようになれたらそれは夫婦になれる第一歩かもしれませんね。