婚活お役立ち情報

パーソナルスペースを活用しよう

前回ではパーソナルスペースについてお話しました。

今回は、さらにもっと詳しくお話ししようと思います。

パーソナルスペースには4つの範囲がありますが、ここでは、婚活に役立つ2つだけをご紹介します。

親しい間柄に許される範囲は密接距離(~45cm)、相手の表情を読み取れる範囲が個体距離(45cm~125cm)が存在します。

この二つの範囲からして、二人の距離が近いほど、好意的であるということが分かります。

88a242dce817cd1298f999b67c09dfef_s

出会ったばかりの人にいきなり密接距離で来られたら警戒態勢になります。

初めは個体距離を保ちましょう。

ある程度仲良くなったら、少しずつ距離を縮め、様子を見てみましょう。

距離を縮めてみて、警戒の反応がなかったら、お相手はあなたに好意を抱いている証拠です。

積極的にいきましょう。

しかし、どのようなことが警戒しているサインなのか?

それは容易に見極めることができます。

腕を組んでいたり、体を後ろに反らしたり、一歩下がったりしていると警戒のサインです。

まだ、お相手の方はあなたに好意的ではないということです。

パーソナルスペースをうまく活用することでお相手との距離を縮めましょう。