婚活お役立ち情報

印象を悪くしてしまう相槌とは

印象をよくするためには、相槌をしっかりすることが大切という話はよく聞きますよね。
しかし、相槌は一歩間違えばいきなり相手からの印象を悪くしてしまうことに繋がりかねません。

まず、相槌を行う際は、同じ相槌のパターンを何度も繰り返し使ってしまわないように気をつけましょう。
同じ相槌のパターンとは、例えば「うん」や「うんうん」などの繰り返しです。
これを行ってしまうと、話し手の方の話に対して無関心であると思われてしまう可能性が高くなります。
また、こちらの感情を読み取りづらく、会話の流れも殺してしまいかねません。
頷きなどの動作を混ぜつつ、キーワードに対するおうむ返しなども混ぜると良いでしょう。
ただ、単調な繰り返しでも意味がないので、その辺りは状況判断をしながら、適度に織り交ぜていくようにしましょう。

また、不適切なタイミングでの相槌を打ったり、相槌を打ちすぎたりすることもあまり良くありません。
話し手からすれば急かされているように感じてしまうかもしれませんし、会話のテンポを損なう危険性もあります。
この相槌の打ちすぎは、緊張すれば緊張するほど出やすいとされています。
気づかず相槌を打ちすぎているうちに良くない印象を抱かれてしまったようなことがないよう、気をつけましょう。
しかしなにもしないのもよくありませんので、頷くなどの無言の相槌を入れると良いですね。

本当はお相手の話に心から興味を持ち、共感することで、自然な相槌が出てくるものだと思います。
しかしながら お見合いでは初対面の相手と突然にお話が始まってしまうわけです。
それも将来、配偶者になるかもしれないお相手です。
聞きたいこと、話したいこと、どういう順番で話そうか?
また身だしなみは変ではないか?など いろいろな考えが頭を駆け巡っている中、
なかなかリラックスして相手のお話の中に入り、またそれに気持ちの良い相槌を打つことは大変かと思います。

それなら、印象の悪くなる態度や、印象の悪い相槌を打つことを避けるように
自分で意識して行動することが大切ではないでしょうか?

自分でここまで意識してお見合いをしていると思えば、自然に自信もつき会話も自然な楽しい会話になるかもしれません。

プリマヴェーラ青山ではそのような細かい相談にものりますので、
どんどんご相談くださいね。